返回 【那位人气声优朗读的名著】 平原綾×ヴィヨンの妻(3/3)

听力简介:


ヒント:

书名和作者的名字也需要听写。


* エピキュリアン

* にせ貴族

* おびえる

* さっちゃん

* ごらん

* 人非人(にんぴにん)

* 暮(くれ)

* 5000円

* 仕出かす

* 格別


书写方式参考:【听写规范】日语听写酷听写规范(2013年5月版)


あらすじ

帝大出で元男爵(だんしゃく)の次男、エピキュリアン(刹那的な快楽主義者)の詩人を夫に持つ私は、病弱な坊やを抱え、常に貧窮していた。ある時、夫が行きつけの中野の小料理屋、椿(つばき)屋から五千円の大金を盗む。それを肩代わりするため、私はその店で働き始めた。やがて夫も平気な顔で店に顔を出すようになった。客商売に向いていて、お金も稼げて、夫にも遭える。私は幸せだった。しかし、ある雨の夜、夫のいない家まで送って来た店の客を終電がないからと泊まらせてしまい、あっけなくその男の手に入れられる。

解説

女性の強さを描いた作品だが、主人公のさっちやんは、太宰を彷彿(ほうふつ)とさせる、しょうもない夫に耐えてがんばる妻、というわけではない。彼女は、いわゆる善悪や幸不幸の枠を取り外せる、いい意味でポジティブシンキングの持ち主。つらい状況でも生きてさえいればいい、楽しいこともあるだろうという性格だから、夫が盗みを働いたと知らされたときも笑ってしまう。もちろん、まともに頭も働くし、自分なりの価値観もあるが、まずは現実を受け入れ、現実に対処していく。そんな心の大きい女性像が心地いい作品だ。


开始听写:


已用时:00:00:00 取消 或 
Ctrl+Enter快捷提交
听写于:0001/1/1 0:00:00 用时:00:00
正确率:0% 错词:

保存中... 保存中...

请在登录后才能看到内容!

请在登录后才能看到内容!

本文暂未收录注解!