返回 寿司的起源

听力简介:


ヒント:只需填空,不用写序号。
 寿司は日本の代表的な料理の一つですが、起源は日本ではありません。一説によれば、1200年前ごろに東南アジアに生まれ,--1--   では日本に伝わったと言われています。当時の寿司は、魚と米といっしょに--2-- 発酵させた保存食でした。「慣れ寿司」といい、米を食べずに、酸っぱくなった魚だけを食べました。
 そして、江戸時代(1603年~1867年)に酢を使うようになり、ご飯をいっしょにして食べるようになりました。しかし江戸では江戸湾で取れた新鮮な魚の生の--3--を酢飯にのせ、手で握って寿司を作りました。これが、「江戸前寿司」で、現在世界中で日本の寿司といっているものはこれのことです。関西では「押し寿司」といって、木の箱の中に酢を--4--ご飯を入れ、魚の切り身などをのせ、上から押し付けて固く締めて作るものもあります。
 最近では--5--のような家族連れでも気軽に入れる店も増えており、寿司は高級なイメージからますます身近な存在になってきたようです。

开始听写:


已用时:00:00:00 取消 或 
Ctrl+Enter快捷提交
听写于:0001/1/1 0:00:00 用时:00:00
正确率:0% 错词:

保存中... 保存中...

请在登录后才能看到内容!

请在登录后才能看到内容!

本文暂未收录注解!

参与沪友(已有19人听写,点击头像查看Ta的听写详情)



提示:每次提交会覆盖之前的内容哦~